映画「ブラック・キス」(手塚眞監督) タイトルアニメーション (2006)

 

 
手塚眞監督の映画作品に参加するのは、これが二度目になります。
最初は1999年に公開された「白痴」で、映画中に登場する「帝国スペシャル」というテレビ番組のオープニングタイトルCGを制作しました。(かなりキッチュでヘンテコなCGでした)
それが、「ブラック・キス」では映画本編のオープニングタイトルへと昇格、思わず力が入ってしまいますね。

数字の9と9が重なったところから始まるこのアニメーションは最初から様々な暗喩に満ちています。
黒魔術の呪術的イメージ、ゴチャゴチャと入り組んだ街並みを思わせる図案、その隙間を縫って走る鉄道や道路、それらが上空を滑走するような視点移動とともに次々と現れていきます。

音楽を担当したのは高木完氏。眞さんともそうですが、完ちゃんとも、昔っからの顔馴染みです。

さて、この映画は当初「シンクロニシティ」というタイトルで制作され、オープニングCGも、そのタイトルで一度は完成していました。ところが、様々な事情により突然「ブラック・キス」へと改題。それを受けて、急遽オープニングCGを作り直しました。
ちょっとしたこぼれ話です。
 
映画「ブラック・キス」(手塚眞監督)
 
 
映画「ブラック・キス」(手塚眞監督)
 
 
映画「ブラック・キス」(手塚眞監督)
 
Copyright (c) 2006 NEONTETRA LTD.