Modern Detective Story #1 「一対のガーゴイル」(1990)

オンラインコミック
 
Modern Detective Story #1「一対のガーゴイル」
 
 
Modern Detective Story #1「一対のガーゴイル」
 
1990年にフルカラーの大判コミック誌「A-ha」が創刊されました。編集発行人ばばこういち氏の発案によるこの雑誌は、一般的な書店売りはせずガソリンスタンド「ESSO」のみで販売するという変則的な販売方法をとりました。つまり販売方法も含めた「ESSO」のスポンサードを得ることによって、コスト高になってしまうフルカラーの大判コミック誌を、廉価で流布しようとする企画だったのです。
いずれにしても、ページをめくると飛び出してくるアーティスチックなマンガの数々は、「日本でもフランスのバンドデシネのようなアートコミックを作り出そう」という意気込みにあふれていたのでした。

さて、その「A-ha」の創刊時から連載させていただいたのが、このマンガ「Modern Detective Story」です。題名からも分かるように近未来を舞台とした探偵物語で、主人公の自称私立探偵(本職は会計士)が、毎回ちょっとストレンジテイストで謎にみちた事件に立ち向かっていきます。

このマンガに関しては、とてもとても書き切れないくらい、エピソードや思い入れがあるのですが、それはまたあらためて、、、。
まずは第1回目の「一対のガーゴイル」をごらんください。
前編後編に分かれて「A-ha」1号(1990年3月号)2号(同4月号)に掲載されました。